プライベートな空間を贅沢に。 こだわりの場所だからこそ・・・

RESTROOM

清らかに、個性的に、上質に、それがトイレの あかり

プライベートな空間だから拘る場所

トイレのスペースは限られている。だからこそ多少贅沢にしても許される。面積が小さいので思い切って個性的なタイルを貼っても許される。そんな気がする。

ゲストは唯一ゆっくり見渡せる場所

お客様を迎えた時、トイレは隅々まで見られることも意識する。だからこそ、清潔に、インテリアも個性的に演出すると印象に残る。空間が狭い分照明の使い方次第で印象が大きく変わる。

多種多様な空間

トイレ程、いろんなインテリアを考えられる場所はない。棚、収納、ニッチ、手洗い、床壁天井の色、材質、小物の演出。  これらを優先に考えながら、照明計画も同時に進める。 照明は、ダウンライト、ブラケット照明、ペンダントライト、間接照明、取り付ける場所、色温度、明るさを考える。 選択肢は無限大。 だからこそ楽しい我が家だけの空間が出来上がる。  時間をかけてじっくりと考えたい場所。

センサースイッチ

意外と見落としがちなセンサースイッチ。 消し忘れ防止にも一役買っている。夜もほんのり点灯機能が付いて非常に便利なアイテムである。

%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%81%bb%e3%82%93%e3%81%ae%e3%82%8a2

 

トイレは、空間が狭いので比較的低予算で拘りのインテリアに仕上げることができます。

壁をふかしたり、天井を下げたり、小物を置いて照明をあてたり・・・

もう一つ、大事なのが「夜の照明」以外と見落としがちですが、ここは拘ると後から良かったと思います。

では、どうすれば良いのか?

コンセントをから電源をとって、簡易型のプロダクト照明をセンサーで動かすようにする。

以外と簡単です。誰でも出来ます。

照明を見せても良いですし、隠しても良いです。隠した方が眩しくありません。ほんの少しの長さで十分です。

アダプター1,500円前後、 センサー1,500円前後、 照明器具30センチで5,000円前後。 照明器具はピンキリで、ネットで買っても良いレベルなら2,000円くらいで買える物もあります。

ちょっと実験してみたい方はご連絡下さい。購入方法等お伝えします。

 

↓↓↓↓↓ ちょっとデザインに凝ったトイレのイメージは下記から  ↓↓↓↓↓

トイレのイメージ写真

PAGE TOP