スイッチ回路設計

概要
  • スイッチ計画
  • 回路計画
  • 調光エリア計画
  • ゾーニング計画
詳細
  • スイッチ計画

人感センサー、照度センサー、3路スイッチ、スマートハウス対応など、導線を意識し利便性が高いスイッチ計画を行います。スイッチのデザイン、触り心地がよいタッチ感があるスイッチも提案します。

  • 回路計画

回路はまとめた方が良い場合、分けた方が良い場合があります。指示がなければ電気工事の施工を優先し工事が進みます。回路設計は照明器具の選定以上に重要な役割があります。

  • 調光エリア計画

光の量をコントロールした方が良い場所は必ず存在します。リビング、ダイニング、寝室、階段周辺など。心地よい明るさを作る上で調光機能は必須アイテムです。

  • ゾーニング計画

リビングとダイニングが同じ空間で繋がっている場合、複数の回路が混在します。その場合、コントローラースイッチを採用しひかりのゾーニング(エリア)を作りそれぞれをコントロールします。例えば、1番は朝食、2番は夕食、3番は就寝前など、複数の回路毎に明るさを変えて記憶し、ボタンで記憶した明るさを呼び出す仕掛けです。リビングダイニングではマストアイテムと言って良いでしょう。

対価
  • 150㎡未満 30,000円/1件(税別)
  • 150㎡以上 50㎡毎 +10,000円/1件(税別)
  • 例:(200㎡40,000円、250㎡50,000円)
PAGE TOP