ひかりに気づき 好みを整ると 暮らし方が変わります.

Start content

ひかりで贅沢 灯り計画

灯り計画の仕事・・・

少しだけ贅沢なひかりを使い、
暮らしの満足を提供。
ちょっと自慢出来るデザインを考え、
暮らして楽しい空間を創る。

「おっ! なんか良いね!」 この、なんか良いね に 「ふむふむ、なるほど」 と言う、裏付けをしっかり伝える。

ひかりは目に見えるものではありません。 
何かの対象物が必要です。 
その対象物によってひかりの「質」を考えます。

「質」とは、ひかりの量、色、広がり、位置、眩しさ等沢山の検討項目から求められる空間の優先順位を付け、好みも加え設計します。
「なんか良いね。。。」 のひかりの裏付け。
ホテルのエントランス、雰囲気の良いレストラン、リラックスできる珈琲店も、回転寿司も、今や世界中に店舗を持つ庶民的な日本のファッションブランドも、
ひかりに拘りを持って空間演出をしています。

目に見えない心理に響く計画が照明設計の真髄。
作業は仕上げの微調整まで多岐にわたる。
だからこそ、
拘りのある器具選定と設計を行う必要があると考えます。

レストランでのちょっと贅沢なひとときには、巧みに操られた照明で空間を演出しているのです。
キャンドルが映えて(調光)、料理が美味しく見えて(演色)、相手の表情がわかり(配光)、窓の外の夜景がきれいに見える(グレア)。
ここに時間の移ろいに合わせて明るさが変わる(制御)を加える事も設計の要素です。

灯り計画は、このようにひかりを操る会社です。

ひかりの「役割」と「可能性」と「必要性」

■■■
■■■
■■■  これから新しい住まいを検討する「施主」の方も参考資料としてご活用下さい  ■■■
■■■
■■■
----------------------------------------------------------------------------------------------------
■■■
■■■
◆◆◆ 役割 ◆◆◆
■■■
■■■
■■

ひかりには様々な「役割」があります。
明るくする、雰囲気を作る、高揚させる、陰影を作る、影を楽しむ等など。
今までは、照明に求めるものは一番が「明るくする」でした。今までは。
これからは、ひかりに何を求め、何に期待出来るかです。
ひかりの視点で考えると、その答えが見えて来ます。
■■■
■■■
----------------------------------------------------------------------------------------------------
■■■
■■■
◆◆◆ 7つのサポート ◆◆◆
■■■
■■■
■■

ひかりには無限大の可能性があります。それは、明るさを取る以外の役割を考えることで見えて来ます。
ベースになる事はとてもシンプル。
「何にwhat」「どうhow」だけです。
どんな素材にどうひかりを当てるとその素材が美しく見えるかです。
理想の空間にはどんなひかりがあれば良いかを考えます。
■■■
■■■
----------------------------------------------------------------------------------------------------
■■■
■■■
◆◆◆ 照明設計実務受託 ◆◆◆
■■■
■■■
■■

ひかりの可能性を実現するためには、照明設計図が必要になります。
拘りのあるお施主様、照明の提案要素が多いお施主様、
高額物件、広い間取り、逆に狭小等の設計業務を担います。
「実施設計図書と合わせて照明設計図を作成する必要がある」
「器具選定の根拠と裏付けが欲しい」
「インテリア空間をグレードアップさせたい」 

このような場合は、サポートではなく実務設計図書作成を受託します。
サポート契約中のお得なキャンペーンもご用意してます。
■■■
■■■■■■■

照明の役割

世の中の照明がLEDに替わり十数年。LED照明は今も進化し続け、毎年新しい商品が発売され、ここ数年はめざましい進化です。
しかし、住宅事業者が、照明の細かなアップデートを拾うことは非常に困難な状況。
そこで、照明器具の扱い方、種類、新商品情報などの新しい情報を日々更新する役割が 「照明サポート」 という考え方です。

詳細を見る

7つのサポート

照明の扱い方で、提案の幅が広がった。受注が2割増えた。1棟あたり平均300万売上が上がった。
モデルの再来場者数が増えた。
社内の業務連携を円滑に進め「課題を見つけ出しそれをクリアーにする」 
場面に応じた7つサポートメニューからお選び下さい。

詳細を見る

照明設計実務受託

インテリアやデザインにこだわりが強い、高額物件など、幅広い照明提案や計画が必要な際に、照明設計業務を受託します。全体計画(案)⇒ 照明基本計画 ⇒ 照明実施設計と順番に進めます。現場での作業がスムーズに進むよう支援します。 これを土台にマニュアル化をするのも良いでしょう。

詳細を見る

広がる ひかりの世界

CONTENTS

住環境、商環境、スキー場ナイター照明、竹灯り、プロダクト照明・・・
そこに空間がある限り、照明で変化を楽しむことが出来る。
想像をかき立て、イメージする。

空間デザインを考えるとき、照明は必需品のアイテムと思います。

空間を引き立てる脇役として、ほんの少し贅沢な光を選んで見てはいかがでしょうか。

  1. Product Lighting

    照明ドクターが考える「素材」×「照明」の掛け算

  2. Product Lighting

    素材・建材の選定、造作には照明を仕込むことを視野に入れて計画設計します。拘った素材も光がなければ何も見えません。照明は素材を活かす「演出家」なのです。

  3. EXTERIOR Lighting

    ひかり と 影の コントラストが 通る人々を魅了する。

  4. Blow-by 吹抜け

    家族のひろがりが、ここから始まる。

  5. RESTROOM

    清らかに、個性的に、上質に、それがトイレの あかり

  6. あかりの気持ち

    もしも、あかり達の声が聞こえたら・・・

  7. BEDROOM

    質の良い睡眠を促すためにある ひかりの工夫

  8. DINING

    毎日の食事が 楽しみになる 食卓の あかり

  9. LIVING

    いつまでいても 気持が良い リビングの あかり

  10. ENTRANCE

    お帰りなさい お疲れ様 と言っている 玄関の あかり

  11. 竹灯り制作

    孟宗竹にドリルで穴を空けて制作する竹灯り。玄関やアプローチにいかがでしょうか?

  12. スキー場 ナイター照明

    スキー場のナイター照明のLED化設計をします。

BLOG TO THE LIGHTING

PAGE TOP