BLOG TO THE LIGHTING

照明計画サポート


「価格」で選ぶか  「価値」で選ぶか 

 

何かを買うとき、同じような商品なら「価格が安い方が良いに決まっている」 あなたは、そう思いませんか? お買い得と思って飛びつき失敗してもこんな物かと諦めが付く。そして、新しい物を買う動機にも繋がる。だから安い物が沢山世の中に溢れていてよく売れると思う。この日常に私たちはあまりにも慣れてしまった。 住宅の場合はどうだろうか?

安くて良いと思って買ったは良いが、これから先何十年もの時間を過ごすのに、「もっとこうすれば良かった」「ああすれば良かった」とは行かない買い物です。注文住宅ならなおさらです。

さて、「照明」というカテゴリーはどう捉えますか? 「よくわからない」という方が大半です。無理もありません。家で使う照明は「電気」と言う言葉に置き換えられて、“付けるか消すか” で判断され、明るければ良いという考えが今も根強く生きています。なので、照明器具を選ぶときは「明るいの?」「暗いの?」で判断されることが大半です。そして、さらに、照明器具を選ぶことに慣れていない施主は、住宅事業者から提示された“照明プランボード”を参考に、器具の形やデザインと明るさで判断します。

ちょっと待って下さい。

素敵な家具を選んでいませんか? ちょっと拘った壁の素材を選んでいませんか? あなたのお気に入りの絵や小物のアイテムはありませんか?

これらを際立つ様に演出するのが照明の “価値” です。 明るければ良いのであれば、価格が安い照明器具を選ぶと良いでしょう。 照明の付加価値は素材の演出です。暗さも考えます。心地よさも計画します。感性に訴えることが出来る大事な商材です。

なので、

価格競争で勝つか、価値で選ばれるか、となれば、価値で選ばれる方を選択する方を応援し「サポート」するのが、灯り計画が担う役割と考えます。

ハイブリッド型としてその両方を満たしていくのか?という形もありますが、
ここを考えて頂ければと思います。

価格での勝負にはローコスト住宅などが存在します。「この価格でこのデザイン」という競争です。

彼らと勝負しようという工務店、価格競争で生きるという工務店は「照明提案」に拘らなくても良いでしょう。

「灯り計画」は価値で選ばれることを目指します。

売り方(提案のしかた)を工夫し、「おっ!なんか良いかも」 と思って頂き、理屈を開示し納得して頂きます。

もちろん
価格と価値のどちらでもないものは、選ばれることはないと考えてます。

 

では、その「価値」がある照明提案、照明設計とは何か?

 

あなたの現状はどうですか?

 

照明選定 = カタログから選ぶ  ペンダントやブラケットの色や形の意匠で決めていませんか?

照明提案 = 照明メーカーや電材店に依頼  プランボードに頼っていませんか?

回路設計 = もしかして現場まかせ?  照明とスイッチの距離だけで計画していませんか?

壁面の統一 = 基準を作ってますか?  インターホン、給湯モニター、電灯スイッチの取り付け位置のバランスを考えてますか?

センサースイッチ = 依頼があれば考える  場所や用途にに合わせた便利な機能が沢山あります。

間接照明 = ちょっと面倒  造作が必要、照度が心配、どの器具を選ぶ? 配灯場所等面倒な心配を一気に解決!

鉛直面(壁面)のデザイン = 平面図だけで計画していませんか?  展開図を描くことで立体的に意匠を考える事ができます。


灯り計画の “サポート” 業務は、この “照明設計”  の手法や提案方法を伝えます。

 

サポートの詳細はこちら

 

 

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP