ひかりに気づき 好みを整ると 暮らし方が変わります.

Start content

灯り計画は、「ひかり」を通して・・・

住環境で、豊かな生活を提供します。
物販店で、商品を手に取り売れる仕掛けを提供します。
ホテルやレストランで、お客様が満足する空間を提供します。
医療環境で、患者、医師共にストレスのない空間を提供します。
スキー場で、驚きと楽しさ溢れる施設を光で演出します。
オフィス環境で、働きやすい光を整えます。

魔法の ひかりを 創り出す

ちょっとした「アイディア」。ちょっとした「工夫」。
空間全体を暗くして、際だてたいところにひかりを灯したり、
気に入った意匠の照明器具を選んだり、
小さな小物に、小さなひかりを当ててみたり、
こんなところにひかりがあるだけで・・・ こんなにも変わるとは・・・
ひかりには、不思議な「力」がある。

Home Lighting

我が家。 プライベートな空間だからこそ趣味嗜好を凝らしたい。それにはひかりの演出が不可欠。 ちょっとしたアイディアと工夫が空間を驚くほど変えてしまう。 そんな不思議な 魔法のひかりを創り出します。

詳細を見る

Ski Resort

スキー場改善プロデュース
ナイター照明のLED化。 サイン計画。
夏山のキャンプやナイトゴンドラツアー。
アクティビティーやパラソル、ファニチャーも合わせた通年型リゾート提案をします。

詳細を見る

照明提案「第2章」

これからの 「ひかり」 のあり方

LED照明が普及し、照明器具も多種多様な製品が次々と世の中に投入されています。 それに伴い、日本の灯り文化も高度成長期から長くそして幅広く浸透してきた 「蛍光灯で隅々まで明るく」 が時代と共に変化し、現代は個々の嗜好に適応する 「空間の質」 を求める傾向に移り変りつつあります。
インテリアデザインも素材や色の組み合わせが豊富になり、ネットで「画像検索」すると、沢山の事例を簡単に確認することが出来ます。またそれらを購入するのも簡単に出来る時代です。  もう一歩踏み込むなら、インテリアを引き立てたり演出するには必ずひかりが必要であり、ひかりの質が求められ、ひかりの質が高いほどインテリアデザインが空間に馴染むと言う考え方。  それが 「第2章」 です。

詳細を見る

心地良い ひかりの世界 を 求めて・・・

CONTENTS

その場所に人は拘りを持つ。何かの思いが必ずある。
外観、玄関、リビング、ダイニング、寝室・・・。
少しおしゃれに。少し個性的に。少しゴージャスに。少しエレガントに。
暮らしの中に ほんの少しの 贅沢。
その 贅沢 を活かす ひかりを考える。

  1. Blow-by 吹抜け

    家族のひろがりが、ここから始まる。

  2. RESTROOM

    清らかに、個性的に、上質に、それがトイレの あかり

  3. WASHROOM

    一日の始まりと終わりをつなぐ 洗面室の あかり

  4. BEDROOM

    質の良い睡眠を促すためにある ひかりの工夫

  5. DINING

    毎日の食事が 楽しみになる 食卓の あかり

  6. LIVING

    いつまでいても 気持が良い リビングの あかり

  7. ENTRANCE

    お帰りなさい お疲れ様 と言っている 玄関の あかり

  8. EXTERIOR Lighting

    ひかり と 影の コントラストが 通る人々を魅了する。

BLOG TO THE LIGHTING

PAGE TOP