夜の外観デザインの見た目は照明で決まる

エクステリアライティング

防犯にも役立つし、景観にも貢献する。「あの家ちょっとカッコいいね」照明は大事な要素です

見た目、防犯、宣伝、ちょっと自慢

見た目

外観デザインは「化粧」と意味合いがよく似ています。身だしなみと言いますか。最近は男性もスキンケアをする人も多くなりました。内面の満足と外面を意識することですね。実は、外観デザインに拘る方は極端に少ないのが現状。それは、日本の住宅事情が大きくかかわっています。

ヨーロッパなどは街並みの景観を維持するために厳しい制限を設けてます。日本は自治体などのルールを設けている地域もありますが、基本自由。最近ようやく戸建て分譲住宅で付加価値を上げるために景観を整えるようになりましたが、個別の住宅の場合、建物本体に対しての金額の比重が大きく、外構は別途という業者も少なくありません。また、外観デザインを意識した設計をする建築業者に当たることはかなり低い確率になります。平面のプランを優先し、外観(見映え)を考えた提案には、時間がかかるため提案は避ける傾向であると考えられます。非常に残念な現状です。

ここで、ちょっと見た目を良くするマジックがあります。それは、夜の外観をさりげなく演出すること。ただの四角い箱も、角に小さなひかりを作るだけで見た目が変わります。植栽の影を外壁に映すだけでも見た目が変わります。

見た目、大事です。

外壁に葉っぱの影を映す


防犯

 

PAGE TOP